もろへいやブログ

ガジェット、オーディオ、ロードバイクなど好きなことについて語るブログ

MENU

SOUL ULTRA WIRELESS レビュー

こんにちは!

もろへいやです!

 

先日勢いでWH-1000XM4買ってレビューしましたがまぁ良かった。

 

良かったんだけどやはり王道のフラッグシップなだけあって尖りがないんですよね。

 

オーディオにハマり始めた頃から思ってるんですけど日本の2大イヤホン・ヘッドホンメーカーのオーディオテクニカ、ソニー

この2社ってフラッグシップはわかんないんですけどなんか一貫した特徴、個性を感じられないんですよね。

それは万人受けする良質な音、とも言い換えられるんですけど私は多少難があっても特徴、個性を感じられる方が好き。

 

だから最初にK550買ってからずっとAKGのファンですし、JVCが木材使ったイヤホン出した時もすごいテンション上がりました。

 

なんか個性をくれ!

 

そんなときに見つけたのがこれ。

 

www.e-earphone.jp

 

SOULのワイヤレス・・・え!安っ!!

 

SOULと言えばbeatsが出始めて話題になっていたときの対抗馬としてあったいかにもなアメリカンオラオラヘッドホンのイメージ。

 

5000円・・・めっちゃ安い。

 

 

買いました笑

 

 

そんなわけでレビューしていきます。

 

 

本体外観

f:id:moroheiyablog:20210912180557j:plain

外箱

f:id:moroheiyablog:20210912180650j:plain

付属のポーチ

f:id:moroheiyablog:20210912180732j:plain

本体


材質は安っぽいプラスチック。
と言いつつ金属っぽい見た目でかっこいい。

 

f:id:moroheiyablog:20210912180910j:plain

物理ボタン

この価格なのでタッチセンサーは無く、物理ボタンのみ。

電源ボタン、再生/一時停止ボタン、音量ボタン。

ラインイン端子、マイクロUSB 端子(充電用)がついてますがラインケーブルは別売りです。

 

 

スペック

■ スペック
連続再生時間 最大 36 時間
本体充電時間 約3時間
ドライバー構成 ダイナミック
対応コーデック SBC
Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
防水 / 耐汗 × / ×
対応プロファイル HFP、A2DP、AVRCP
再生周波数帯域 20-20KHz
重量(本体) 約197g
付属品 USB 充電ケーブル、専用ポーチ、クイックスタートガイド / マニュアル(英語)、警告および保証シー ト

 

最大36時間使用可能という長寿命。

確かにレビューのために到着からずっと聞いてますがバッテリーは全然減りません。

 

対応コーデックは値段なりのSBCのみ。

ただぶっちゃけメーカーのチューニング次第なのでSBCしか対応していないから悪い、というのは間違いですね。

私が大好きなケンウッドのワイヤレススピーカーのAS-BT77もSBCのみ対応でした。

同価格帯では間違いなく当時最高のワイヤレススピーカーでしたけどね。

もちろんapt-xなどに比べると遅延が目立ちますので用途次第ではあります。

 

HFPプロファイル対応なので通話が可能。

ANC機能はありませんが、ワイヤレスヘッドホンとしては最低限の機能はあります。

 

音質

清々しいほどのドンシャリ。

EDM、Soul、Hiphop、R&B、アニソン、ヘビメタ、ハードロック、パンクなどは相性抜群!

底から脳に響くような低音がめちゃくちゃ気持ちいい!

 

ただやはり音の繊細さ、細やかさ、音場の広さといったクオリティーは高くありません。

 

なのでボーカル重視のポップス、ロックはギターやピアノなどの表現力が乏しいので相性悪いですね。

特に男性ボーカルの音域は微妙。

 

逆に高音の女性ボーカルは刺さること無く、意外にも聞きやすいです。

また、クラシックなどは迫力、アタック感があるため、ライブ感を感じられます。

 

やはり安くてもSOUL。

 

最低限のクオリティーは確保しますね。

 

とはいえベストはやはりEDMなど先程言ったジャンルをよく聞く方向け。

ハマればこんな価格でこんな迫力のある音を楽しめるなんて!と感激すると思います。

 

ちなみにラインケーブルで試してみましたが低音の迫力がなくなり、ただの安っぽいだけの音になってしまいました。

ワイヤレス接続推奨です。

 

使い勝手/気になったこと

・ヘッドバンド、イヤーパッドは柔らかフォームで側圧感も強くなく、心地いいです。

・全体的にちゃっちいのは仕方ないですがヘッドバンドの調整用スライダーがやけに固く、装着した状態から調整しづらいです。

・装着したままスライダーを動かしたときの音が頭で響いてめちゃくちゃうるさい。

・過去接続したことのある機器と再接続すると毎回音量がリセットされる。しかもちょうどうるさい音量になるためうっかり再生すると耳が終わりかける。

 

まとめ

もちろん上位機種と比べたら音のクオリティーは及びませんがこの低音のクオリティーは流石といったところ。

自分の好みにあえば5000円という価格は破格だと思います。

 

私は完全に気に入りました笑

テンション上げてEDM聞きたいときはこれで間違いないって感じです。

 

なんならWH-1000XM4よりも満足度は高いかもしれない。。笑

高ければいいってもんじゃないですよね。

 

 

色々考えさせられたいいヘッドホンです!

 

それではまた!