もろへいやブログ

ガジェット、オーディオ、ロードバイクなど好きなことについて語るブログ

MENU

色んな意味で話題のXperia Ace Ⅱレビュー!!

こんにちは!

もろへいやです!!

 

先日SONYのスマホ「Xperia」の新作ラインナップが発表され、ほとんどの話題はXperia1Ⅲが持っていきましたね。

 

f:id:moroheiyablog:20210612163159p:plain

Xperia1Ⅲ

AFの技術には一眼レフシェア世界1位のαのスタッフが手掛けているなどエンタメ機能に本気を出したXperiaのフラッグシップです。

その中でもやはり話題は可変式望遠レンズ。

 

私も当然auで予約しました。

ドコモは企業ロゴと5Gロゴがダサいのでね・・・

AQUOS R6はahamoで予約したけどね。

発売日延期してるけど手に入ったら記事にします。

 

死ぬほど前置きが長くなったけど日本版で今シーズン最速発売はXperiaの廉価版、AceⅡ

f:id:moroheiyablog:20210612164030p:plain

Xperia AceⅡ

 

 

発売前からその低スペックぶりからネットで見えている地雷のように扱われていたこの機種。

価格ドットコムでもなかなか見ないレベルの低評価の嵐。

f:id:moroheiyablog:20210612164929j:plain

価格.com

そんなに?

 

ってことで気になったので白ロム機購入できましたのでレビューします!

 

 

外観など

f:id:moroheiyablog:20210612165309j:plain

外箱

まぁ普通ですね。

 

f:id:moroheiyablog:20210612165409j:plain

背面

カメラの出っ張りはなく、フラット。

背面のロゴは「docomo」、「Xperia」、「機番」でSONYロゴは印刷ではなく彫られています。

カメラ横中央部にはおサイフケータイのロゴ。

材質は樹脂ですがマット仕様で手に馴染みやすく、値段にしては質感はいいです。

ただ背面パネルを明らかにはめ込んでる感があり、隙間も紙が入るレベルで空いているので本当に防水大丈夫かと心配になります

今日も毛が挟まってましたしね。

 

ノッチや触感などの雰囲気はPixel3aあたりに似てます。

 

ちなみに価格はドコモにて22,000円。

おサイフケータイが使えると言うことを考えると買いやすい価格ではあるが肝心なスペックは・・・

 

スペック

カラバリ

ブラック、ホワイト、ブルー

本体サイズ(縦×横×厚み)

140 x 69 x 8.9 mm

メモリ

4GB

付属品

なし

OS

Android11

CPU

MediaTek Helio P35

WiFi規格

IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth

Bluetooth 5.0

ネットワークおよび周波数帯

3G: 1/5/6 FD LTE 1/3/19

通信速度

受信時最大262.5Mbps/送信時最大75Mbps

カメラ

アウトカメラ:2眼(1300万画素、200万画素)

インカメラ:1眼(800万画素)

ディスプレイ

5.5インチHD+ TFT(720×1496)

インターフェイス

USB TYPE-C

バッテリー

Li-Ion 4500mAh

ストレージ

64GB

重量

159g

仕様1

SIMタイプ:デュアルSIM

防水/防塵

防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)

おサイフケータイ

生体認証

指紋認証

3.5mmオーディオジャック

フルセグ/ワンセグ

×

FMラジオ

ワイヤレス充電

×

 

 Androidは最新の11、メモリは4GBとこの価格帯では普通、保存容量は64GBはやや少ないと感じますね。

しかしながら問題はCPU。

 

Helio P35

 

前作のAceのCPUはスナップドラゴンのSDN630。

下記の記事を参考にさせていただきましてSDN630のAntutu ver9のスコアを見ると約11万点。

【2021年5月最新】Antutu Benchmark ベンチマークをメーカー別にグラフ化!SoC別も | ガジェタン

果たしてどんな違いがあるのか。

 

f:id:moroheiyablog:20210612174526p:plain

Xperia AceⅡ Antutu

P35にしては高めに出たようですが前作のAceとほぼ変わらない性能。

メモリや保存容量も変わらず。

 

f:id:moroheiyablog:20210612180249p:plain

Geekbench

一応Geekbenchも。

3桁なんて初めてみたよ。

 

というかむしろ前作よりも明らかに劣化してる部分はディスプレイカメラです。

 

ディスプレイはHD+のTFT液晶とコスト削減の最大の弊害になりました。

素人目で見ても明らかにドットが粗く、高画質な画像や映像はいまいち高画質感が伝わらないウェブサイトの小さい文字はなんかぼやけるなどあまりにも低品質です。

f:id:moroheiyablog:20210612180626j:plain

左はPixel 3a、右はXperia AceⅡ

画面はどちらも明るさマックスですがTFT液晶特有の視野角の狭すぎ問題で暗く写っています。

これはある意味で隣に立ってる人に覗かれる心配がないのでいいのかもしれない(錯乱)


Pixelは相変わらず黄色く、Xperiaは青い。

 

そんな感情を吹き飛ばすほどのドットの粗さ、暗さ、視野角の狭さ。

そしてズームするとわかりますがドットが粗い(3回目)

 

カメラは前作のAceでは4K撮影もできましたが今回はFHDまでしか選べません。

これに関しては人によってはいらないと思うかもしれませんがね。

 

使ってみて

レスポンスなど

意外にも普段使いはそこまでひどいわけではありません。

普通に使えはします。

当然レスポンスが遅い、ウェブサイトの画像の読み込みが著しく遅いなどはありますがハイエンド機種などと比較しなければこんなもんかと思うかもしれません。

 

また、指紋認証の精度、速さはなかなか好印象です。

Xperiaシリーズ共通のサイドの電源ボタンと共通になってますが、押した瞬間に反応してくれます。

 

ゲームは試してません。

 

スピーカーはモノラルで下部のスピーカーのみ。

音質は本当に鳴ればいいんでしょと言わんばかりにスカスカ。

まぁ値段なりでしょうね。

 

悪夢のようなカメラ

この機種はディスプレイもまぁ見れたらいい、レスポンス悪くてもまぁ使えないことはない。

そんな優しい人すらアンチにさせる程に最悪な、もはや欠陥があります。

 

それが、カメラ機能。

 

画質が悪いとかそんな話じゃない。

 

streamable.com

 私スマホを多く買う様になったのは比較的最近なんですがこんなにカメラのレスポンスが遅い機種久しぶりです。

 

比較にPixel 3aの動画も載せます。

streamable.com

 ミドルグレードとエントリーと違いはありますが当然遅延はなく、違和感はありません。

 

画質は当然悪く、常に靄がかかったようなイメージ。

細かい描写は不可能で数枚ベールを重ねたような画質です。

 

やや寒色寄りなので暖色よりのホワイトバランスにするとまだマシになります。

 

まとめ

スマホを使い込まない初心者用だと思いますがカメラ機能がふざけているせいで一般向きではありません。

レスポンスについては意外に使えるな、というのが正直な印象。

当然遅いので価格なりという意味です。

デザインも全体的には悪くなく、チープすぎるという感じはありません。

 

ただこの商品を触ってみてSONYが作った感が全く伝わってこないんですよね。

「SONY」の名前を利用した粗悪品って感じ。

 

オーディオは何も設定できないしディスプレイも適当。

カメラはXperia1Ⅲのこだわりは微塵も感じない粗悪なもの。

Sense4も私は酷評しましたが比較対象がPixel4aだったため、厳しかったかもしれませんが、普通に使えます。

このAceⅡは2万円ちょっとで買えるとはいえ中華メーカーなど海外メーカーが同価格帯で出してるスマホに比べて作り込みが雑だし何なら存在意義を感じられません

ソニーはコストが安い機種に求められる部分を勘違いしているんではないでしょうかね。

 

同じXperiaでこんな機種出したらXperiaは〇〇と思う人が発生することもあると思います。

もっと言えばAndroidは〇〇とさえ・・・

それってデメリットでは・・・?

 

とまぁ辛口になってしまいましたがXperia1Ⅲは期待しています!

 

下記ランキングにもぜひ!!

それでは!

 

 

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ