もろへいやブログ

ガジェット、オーディオ、ロードバイクなど好きなことについて語るブログ

MENU

BlackBerry幻のKEY2 Red Editionゲット!KEY2LEと比較

こんにちは!

もろへいやです!

 

先日BlackBerryの最新機種のリーク情報が出ました。

f:id:moroheiyablog:20210604221519p:plain

リーク画像 信憑性は・・??

BlackBerryの最新機種はOnWardMobilityがライセンスを獲得し、Foxconnのグループ会社での製造が決まっている5G対応の物理QWERTY機です。

でもこのリーク画像の端末ってなんかタッチキーっぽい?

 

デザインはかっこいいけどなんとなくコレジャナイ感があるしOnWardMobilityのCEOがはっきりと「物理キーのあるBlackBerryブランドスマホを作る」と明言しているので楽しみに続報を待ちたいですね。

 

さて今回はレビューです。

 

 

KEY2 Red Editionゲット!!

f:id:moroheiyablog:20210604223939j:plain

KEY2 Red Edition

BlackBerry - KEY2 RED EDITION<100台限定モデル> - FOX STORE

日本国内100台限定で発売されたモデル。

当時あまりのかっこよさに買うかどうかですごい迷ったんですがまだスマホ熱がそこまで出て無く、10万という価格にビビって買えませんでした。

 

しかし先日某オークションサイトでものすごくきれいな状態のものを見つけたので思わず買ってしまいました。

傷はイヤホンジャック部分に1箇所のみ。

 

 シリアルナンバーが振ってある専用ケースは未使用という状態の良さ。

 

先日手に入れたKEY2LE Atomic Redと合わせて赤系の限定色制覇です。

 

流石に中古なのでバッテリーは半分ほど劣化してましたが修理業者を見つけることができ、送付から返送まで1周間かからずに対応いただきました。

www.moumantai.biz

 

 

KEY2とKEY2LEの比較

f:id:moroheiyablog:20210605001727j:plain

KEY2とKEY2LE

この2機種、似ているようで結構違う。

色々違いを見ていきます。

 

KEY2仕様

OS Android(TM)OS Oreo 8.1
CPU Qualcomm(R)Snapdragon(TM)SD660 OCTA-CORE
SIM シングルSIM(nano-SIM)
サイズ 151.4 x 71.8 x 8.5 mm
重量 168g
ディスプレイ 1620 x 1080 ピクセル(4.5インチ)
外部メモリ microSD(最大2TB)
内部メモリ 128GBフラッシュメモリー、6GB RAM
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz、802.11ac 5GHz、802.11a/n 5GHz、Wi-Fi Direct
Bluetooth Bluetooth 5.0 Low Energy(LE)and EDR
NFC 対応(FeliCaは非対応)
FMラジオ イヤホンジャック利用で受信可能
リアカメラ 1200万画素と1200万画素のデュアルカメラ、オートフォーカス、f2.0、手ぶれ補正、パノラマ・バースト・フィルター撮影機能搭載、4Kビデオ撮影対応
フロントカメラ 800万画素、f2.2、手ぶれ補正、ワイドセルフィーモード搭載、フラッシュ撮影
バッテリー Li-Ion 3500mAh
物理キー 電源キー、ボリュームキー、便利キー
周波数 (LTE Band)1/2/4/3/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/39/40/41
(3G Band)1/2/4/5/6/8/19

 

KEY2LE仕様 

OS Android(TM)OS Oreo 8.1
CPU Qualcomm® SDM 636, Kryo 260 Octa-Core 4 x Gold (1.8GHz) + 4 x Silver (1.6GHz)
SIM デュアルSIM(nano-SIM)
サイズ 150.25 x 71.8 x 8.35 mm
重量 156g
ディスプレイ 1620 x 1080 ピクセル(4.5インチ)
外部メモリ microSD(最大256GB)
内部メモリ 64GB ROM、4GB RAM
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz、802.11ac 5GHz、802.11a/n 5GHz、Wi-Fi Direct
Bluetooth Bluetooth 5.0 Low Energy(LE)and EDR
NFC 対応(FeliCaは非対応)
FMラジオ イヤホンジャック利用で受信可能
リアカメラ 1300万画素 + 500万画素のデュアルカメラ、オートフォーカス、f2.2 + f2.4、手ぶれ補正、パノラマ・バースト・フィルター撮影機能搭載、4Kビデオ撮影対応
フロントカメラ 800万画素、f2.0、フラッシュ撮影
バッテリー Li-Ion 3000mAh
物理キー 電源キー、ボリュームキー、便利キー
周波数 2G: 2/3/5/8
3G: 1/2/4/5/6/8
FDD LTE Home: 1/3/5/7/8/20/26/28/32
FDD LTE Roaming: 2/4/12/17/19
TDD LTE Home: 38/40
TDD LTE Roaming: 41

 

ハードウェア比較

KEY2はアルミ筐体でKEY2LEは樹脂。

また物理キーの大きさもKEY2がやや大きい仕様になっている。

デュアルカメラの出っ張りもKEY2の方がやや大きく出っ張っており、KEY2LEは出っ張りに合わせて背面の樹脂が盛り上がっている。

カメラはKEY2が1200万画素×2という構成だがKEY2LEは1200万+500万となっている。

バッテリーの量もKEY2は3500mAhでKEY2LEは3000mAh。

そのため重量もKEY2がやや重い。

 

ちなみにKEY2はシングルSIMでKEY2LEはDSDS。

KEY2は3大キャリアで使用可能だがKEY2LEはドコモ、ソフトバンクのみ使用可能、とHPには書いてあるもののプラチナバンドに接続しないため、ドコモは使いづらく、実質ソフトバンク専用。

 

性能比較

ハードウェア以上に違いを感じるのは中身の部分。

まずはCPU。

KEY2はスナドラ660、KEY2LEはスナドラ636。

RAMはKEY2が6GBに対し、KEY2LEは4GB。

Android OSはどちらも8.1Oleo。

 

また、KEY2は物理キーにタッチセンサーがついており、上下左右のスクロールを物理キーをフリックすることで実行可能となる。

これが本当に便利。

 

f:id:moroheiyablog:20210605004411p:plain

KEY2 Antutu

意外にも20万超え。

RAM6GBの恩恵もあり、ほぼほぼストレス無く操作可能。

物理キー操作も全く引っかからず操作できるため非常に快適。

 

f:id:moroheiyablog:20210605004516j:plain

KEY2LE Antutu

Lite版でのテスト。

16万と普段使いでストレスフリーで操作しようとするとこれくらいが限界レベル。

物理キー入力で結構クラッシュすることもあり、アプリ操作中フリーズもしばしば。
 

 

まとめ

とにかくこの所有感がたまらない。

おサイフケータイ非対応とかどうでもいいんです。

ペイペイ使えるしスマートウォッチのVENU使っているからSUICA使えるしカメラは地味に綺麗だし物理キーはかっこいいし。

一点不満を言うならスピーカーの音質が非常に残念なことかな。

 

今年中に新しいBlackBerryが出るということで本当に楽しみです。

アジアにはすぐには出ない雰囲気ですがどうにかして手に入れたい。

 

 

読んでいただいた方はランキングのご協力を是非!!

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村