もろへいやブログ

ガジェット、オーディオ、ロードバイクなど好きなことについて語るブログ

MENU

スマホメーカーの現状① 国産メーカーの行く末は・・?

こんにちは!

もろへいやです!

 

ドコモ、楽天、ソフトバンクなどが5Gの整備を進めていくと次々と宣言しておりますが

本当に?と疑いたくなりますね。

 

このペースで通常インフラとして広まるのは果たしていつになることやら・・・

 

5Gを体験したいなぁと思いつつ本日はスマホメーカーの現状について、

5G対応端末の発売状況など、日本市場に限定して書いていきたいと思います。

 

 

 

5G発売状況 

 

NTTドコモ 5G

現時点では各社フラッグシップとして5G対応端末を出し、徐々にミドルグレードでの5G端末を出していますね。

 

2020/11/10時点で日本で普通に手に入る5G端末の数は 37台(価格ドットコム調べ)

5G対応のSOCはQualcomm社製Snapdragon865plus, 865がハイエンド、

ミドルグレードとして765G, 750G 5G Mobile Platform, 690。

 

他アップル、MediaTek、Hi-Silicon、サムスンなどSOCメーカーが各社出してます。

 

下の表は11/10時点での5G対応端末一覧です。

 

 

 

 

5G対応端末一覧

メーカー

商品名

SOC

価格*1

サムスン

S20 5G

Snapdragon 865

¥102,960

S20+ 5G

Snapdragon 865

¥114,840

S20 Ultra 5G

Snapdragon 865

¥165,980

Note20 Ultra 5G

Snapdragon 865 Plus

¥145,728

Z fold2 5G

Snapdragon 865 Plus

¥259,980

Z flip 5G

Snapdragon 865 Plus

¥185,835

A51 5G

Snapdragon 765G

¥70,488

アップル

iPhone12

A14 Bionic

¥85,800

iPhone12 Pro

A14 Bionic

¥106,800

IPhone12 Pro Max

A14 Bionic

¥117,800

iPhone12 mini

A14 Bionic

¥74,800

ソニー

Xperia1Ⅱ

Snapdragon 865

¥124,000

Xperia5Ⅱ

Snapdragon 865

¥99,000

グーグル

Pixel 4a5G

Snapdragon 765G

¥60,500

Pixel 5

Snapdragon 765G

¥74,800

ファーウェイ

P40 Pro 5G*2

Kirin 990 5G

¥108,800

P40 lite 5G*2

Kirin 820

¥32,545

Mate30 Pro 5G*2

Kirin 990 5G

¥128,800

シャープ

AQUOS R5G

Snapdragon 865

¥111,672

ZERO 5G

Snapdragon 765G

¥65,520

AQUOS sense 5G

Snapdragon 690

未定(4万以下?)

富士通

arrows 5G

Snapdragon 865

¥118,008

NX9

Snapdragon 765G

¥76,032

オッポー

Find X2 5G

Snapdragon 865

¥92,040

Reno3 5G

Snapdragon 765G

¥68,400

シャオミ

Mi 10 Lite 5G

Snapdragon 765G

¥42,740

ZTE

ZTE a1

Snapdragon 765G

¥59,980

Axon 10 Pro

Snapdragon 865

¥72,720

ASUS

Zenfone7

Snapdragon 865

¥94,380

Zenfone7 Pro

Snapdragon 865 Plus

¥109,780

ROG Phone3

Snapdragon 865 Plus

¥131,780

LG

V60 ThinQ 5G

Snapdragon 865

¥118,008

VELVET

Snapdragon 765G

¥70,488

その他

Rakuten BIG

Snapdragon 765G

¥63,455

RedMagic 5

Snapdragon 865

¥66,000

*1価格はdocomoで新規一括、au、ソフトバンク、楽天専売はそれぞれの新規一括

 SIMフリーはアマゾン価格、一部専門オンラインショップ価格

*2ファーウェイはアメリカからの制裁でGMSを使うことができない。



最安値はP40 lite 5Gで32,545円。

 

amzn.to

 

 

安すぎ(笑)

 

antutuのスコアはネット情報で35~37万ほどみたいですね。

 

価格崩壊だろもう。

 

ただデメリットとしてはアメリカの制裁でGMS(Google Mobile Service)が使えないことで一般使いには日本では使い物にならないというのが現実。

 

現実的なところでの最安値はMi 10 Lite 5Gで42,740円

www.au.com

十分安いね。

 

765G搭載機の相場は6~7万となっているのでさすがシャオミ。

 

逆に最高額はサムスンのZ fold2 5Gで259,980円

www.au.com

これはただの金持ちかマニアの道楽ですね。

 

メーカー別のラインナップ数はサムスンが7種と圧倒的に多い

流石世界シェア1位と言ったところでしょうか。

 

厳密に言うとiPhoneは容量で分けると×3位の数になりますがここでは大枠で数えます。

 

また、海外メーカーからは30台、国内メーカーは計7台となっており、海外メーカーが約8割を占めております

 

サムスン、ファーウェイ、シャオミ等体力のある大手メーカーは別ですが、ASUSやソニー等採算性の悪いシェアが低いメーカーは高級価格帯に絞ったり、独自性を全面的に押し出したりと各社生き残りをかけてアイデンティティを創り出してます。

 

Zenfone7、ROG Phone3、Xperia1Ⅱなどはまさにそういった企業の選択と集中の表れでしょう。

「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」

 

Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

 

 

日本メーカーの動き

5G対応機種を発売しているのは

シャープ

ソニー

富士通

のみで京セラは依然4G対応機種しか出しておりません。

 

私としては京セラはまだ独自性のあるスマホを出しておりますがシャープ、富士通はどういう戦略何でしょうか?

ここまで順当にハイエンドとミドルグレードを出しておりますが特別目立ったなにかがあるわけではありません。

 

価格メリットもあるわけではないので海外、特に中華メーカーと同じ土俵に載ったら勝てるはずがありません。

 

シャープはSIMフリー市場でsense3を大ヒットさせましたが今年はキャリア向けがほとんどです。

というよりシャープは日本の家電メーカーあるあるの機能てんこ盛りで特徴がなく、使いやすさを軽視したスマホが多いです。

 

富士通のarrows 5Gは非常に評価が高く、ミリ波にも対応して富士通にしては久々のヒットだったとは思いますが逆に言えばこんな普通にいいスマホを作ったところでサムスンには勝てません。

 

いつまでもドコモにおんぶにだっこではいつかコケるんじゃないかなと思わずにいられません。

 

今回、ソニーは前回からのXperia1シリーズをうまく継承し、さらなる進化をしてきました。

他社との棲み分け、ソニーとしてのこだわり、アイデンティティを示してきたように思います。

 

こういった新技術への対応の初動の違いが今後の展開を決めるような気がする今日このごろです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

各キャリアの冬モデルが発表されており、各社の動向と今までの5G端末のまとめをしてみました。

 

かつてはケータイで世界の最先端を行っていた日本企業は今や見る影もありません。

それでもシャープやソニーを始めとした日本ブランドには絶えず進化していってもらいたいんです。

 

頑張れ日本ブランド!!

 

それでは!