もろへいやブログ

ガジェット、オーディオ、ロードバイクなど好きなことについて語るブログ

MENU

Xperia5ⅡとXperia1Ⅱの違いについて

こんにちは!

最近自転車サボリ気味で太り気味のもろへいやです!

 

今日はXperia5Ⅱが10/17にソフトバンクauで出るということでXperia5ⅡってXperia1Ⅱと何が違うの?について比べてみました。

 

f:id:moroheiyablog:20201011233833j:plain

 

 

比較表

 

  Xperia5Ⅱ Xperia1Ⅱ
カラバリ 4色(ブラック、グレー、ブルー、ピンク) 4色(ブラック*1、ホワイト、パープル*2、フロストブラック*3)
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.5インチ
物理キー 音量ボタン、電源ボタン(指紋認証)、Googleアシスタントキー、カメラキー 音量ボタン、電源ボタン(指紋認証)、カメラキー
ディスプレイタイプ OLED, FHD+ OLED, 4K
最大リフレッシュレート 120Hz 90Hz
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
ワイヤレス充電
デザイン 背面ガラス、メタルフレーム
Corning® Gorilla® Glass 6 のカバーガラス
背面ガラス、メタルフレーム
Corning® Gorilla® Glass 6のカバーガラス
防水
メモリとストレージ RAM8GB,ROM128GB RAM8GB*1,12GB*3、ROM128GB*1,256GB*3
SOC SnapDragon865 SnapDragon865
背面カメラ 16mm 超広角レンズ 12.2MP
24mm 標準レンズ 12.2MP
70mm望遠レンズ 12.2MP
16mm 超広角レンズ 12.2MP
24mm 標準レンズ 12.2MP
70mm望遠レンズ 12.2MP
前面カメラ 800万画素 f値2.0 800万画素 f値2.0
3D iTofセンサー
フルセグ/ワンセグ ◯*1(✕*3)
OS Android10 Android10
SIMスロット シングル+microSD シングル+microSD*1、
DSDV(microSDは排他仕様)*3
*1:キャリア版のみ *2:ドコモ版のみ *3:SIMフリー版のみ

 

 ざっとこんな感じ。

注目は最大リフレッシュレートが120Hzに進化しており、よりゲーム用途に特化したこと。

また、4000mAhと変わらないにも関わらず重量が約20g軽量化されております。

 

もともとXperia新ラインナップの5はフラッグシップの1のコンパクトモデルです。

コンパクトになり、進化させる部分と1Ⅱ独自の部分も残し

しっかりと棲み分けをさせている様に思います。

 

どんな人に向いているか

 

やはりコンパクトモデル、かつ若干1Ⅱより安いことから1Ⅱじゃ大きすぎる、高すぎると感じてた人はあり。

と言いつつ10万超えるので変わんね。

 

また、リフレッシュレート120Hzに対応していることからゲームを良くする人はあり。

 

ソニー製品との相性もいいのでプレステのコントローラーを持っている人は接続も簡単ですよ。

 

電池持ちも1Ⅱより改善されているそうです。

1Ⅱは1日持つか不安でしたが1日~2日は持ってくれるのでしょうか?

 

あとはもちろんカラーリングですね。

ここは本当に重要。

 

何年も持つのだからデザインは最重要です。

サイドフレームは1Ⅱはスクエアでしたが5Ⅱはラウンドタイプ。

持ち安さや好みで変わってくると思います。

 

 

いまいちポイント

なんと言っても3D iTofセンサーがなくなっていることは驚き

暗所での瞳AFなどに有効だったというSONYこだわりのカメラ機能だったはずなのになくしてきたのはどういう意図なのか、またその影響は!?

 

ディスプレイでFHD+ですが1Ⅱは4K

 

ぶっちゃけ4K対応のアプリなどはまだまだ少ないですがYou Tubeでも対応しているコンテンツは増えてきています。

今後のことを考えたら4K非対応はマイナスですね。

 

また、ワイヤレス充電非対応という点も人によったらマイナスポイント。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に好みの世界になりますので触ってみて、レビューを見てみて選ぶほうが良いと思います。

まだキャリア版の発売のみですが本体のみの購入はauでしかできません

ソフトバンクは回線契約必須となっており、auは多少値段が上がりますが機種のみ購入が可能です。

 

どちらも一長一短で魅力ある機種ですが私はキャリアモデルのままであればXperia1ⅡのSIMフリー版1択。

SIMフリー版出た時はXperia5Ⅱ検討しようかな、というところです。

 

それでは!